FAQ よくある質問

FAQ

HOME//よくある質問

Q

行政書士や弁護士に告訴状の依頼をすると警察は受理するのですか?

行政書士や弁護士であっても警察は簡単に受理しません。
しかし、告訴状を受理していない間も警察は捜査を進める事ができるので、すぐに受理されなくても受理に向けたアプローチを継続する事が大切です。
また、告訴状提出が難しいからこそ専門家に依頼するメリットも大きいと言えます。

Q

被害届と告訴状は何が違うのですか?

被害届は、文字通り犯罪被害があったことを警察にお届けする手続きです。
告訴状は、犯罪被害があったことに加えて「どうしても犯人を処罰して欲しい」という訴えを含む点で異なります。
また、警察が告訴状を受理すると検察官に証拠等を送付する義務が発生し、警察の捜査を促進させる効果も期待できます。

Q

告訴状を警察に提出すると何日くらいで受理されますか?

警察は告訴状の記載よりも口頭による説明を重視します。
口頭説明で犯罪事実の存在を警察が認めればすぐに受理されるはずですが、なかなか簡単に認めてはくれません。
犯罪の証拠を集めて何度も警察に足を運び、粘り強く説得を続ける必要があります。
受理までの期間は事件にもよるので一概には言えませんが、2 ヵ月~ 6 ヵ月程度かかる事が多いです。